校章・校歌

●校章の由来

 昭和24年、男子の厚狭高等学校と女子の厚狭女子高等学校が統合して、「山口県立厚狭高等学校」となった際に、男子高校の「麻」の葉に、女子高校の「高」の字を入れて作られたものである。
 なお、男子高校の「麻」の葉は、前年の昭和23年、新学制によって、「新制厚狭中学校」が「県立厚狭高等学校」に昇格した際に、募集・決定されたものである。なお、この際、葉は「厚狭」=「アサ」の地名にちなんで「麻」の葉となった。
  なお、厚狭の地名のいわれは麻の産地であったからという説もあるが、歴史的には正しくないそうである。

 

●校歌「朝日影」
 制定 昭和31年
  作詞 今泉忠義(いまいずみ ただよし)  
  作曲 鏑木 創(かぶらぎ はじめ)


1 朝日影    映るも早き      
  松岳の    仰ぐも高き  
  その峯を   おのが理想に
  たぐへつつ  ともに進まむ 
  学びの道に
  厚狭高校に  わが街に   
  旧き伝統は  輝かむ


2 百年の    遠きにありて
  学び舎を   物見丘傍らに
  築きけむ   大きいさをし
  しのびつつ  いざや開かむ
  真理の窓を
  厚狭高校に  わが街に   
  旧き伝統は  輝かむ


3 加茂川に   夕陽かげろひ
  静かなる   憩ひにしばし
  終日の    学びのあとを
  活かしつつ  いよよ励まむ
  明日の日のため
  厚狭高校に  わが街に   
  旧き伝統は  輝かむ


▶松岳山(まつたけやま)
 標高323.7m。
 北校舎から北西方向に見て、
 3kmの距離にある山

 

 

 

▶物見山(ものみやま)
 標高72m。南校舎から東南東方向に
 見て、約500mの距離にある山。
 山頂付近に護国神社がある。
 物見山公園が整備されている。

 

 

 


▶加茂川=厚狭川の別名
 加茂とは、厚狭の鴨庄の「かも」と同音。
 厚狭川にかかる橋にも「鴨橋」があります。 
 鴨川、加茂川、賀茂川・・・全国にかもと名のつく川が多い。